人気ブログランキング |

赤はエトナ・ロッソの2007年を2本。1本目はヴィーニ・ビオンディのスペシャル・キュベ M. I.。
2009年にビオンディを訪問した際に知ったワインです。畑の風景に驚き、その直後にタンクから試飲したワインに感銘し、リリース後(2010年ごろ)に探し回った挙句、運良く見つけて3本購入。1本目は購入直後に試飲、今回開けるのは2本目です。

M. I. とは畑があるMonte Ilice(モンテ山)の略。エトナで最初に訪問した作り手だというのを割り引いても、その風景のインパクトは強烈でした。急斜面の黒い火山灰土壌に植えられたアルベレッロ仕立ての神秘的な姿は、10年近くたった今でも鮮明に記憶しています。

当時の訪問記はこちらです。
https://taurasista.exblog.jp/11539190/

残念なことに、ビジネスパートナーとトラブルがあったらしく、この畑はビオンディの手を離れてしまい、現在は生産されていません。2007年と2008年ヴィンテージのみ生産された、幻のワインです。
c0159117_16271457.jpg
c0159117_16273990.jpg
Etna Rosso M. I. 2007
品種:ネレッロ・マスカレーゼとネレッロ・カプッチョのブレンド。比率は不明。
格付け:DOC Etna Rosso
醸造:詳細不明。
アルコール度数:13.5%
ブドウ:単一畑のモンテ・イリチェ。
生産本数:不明

香りには熟成感があり、要素は、森の下草、ラズベリーといったところ。複雑さはあまり感じません。
味わいはそれほどボリューム感はなく、やさしく、柔らか。さらっと飲み干せます。
おそらく、果実味がはっきりしている若い段階の方が、特徴が出ていたのではないかと。
ただ、時の経過を感じるのもワインの楽しみの一つ。このワインを味わうとともに、訪問時の記憶が鮮明に蘇ってきて、ほんの少しだけですが、シチリアにトリップした気分になりました。

by taurasista | 2018-07-22 10:16 | ワイン(イタリア)

この日の白はプチ2007年の水平。もう一本はホナタが作る唯一の白フロール・デ・ホナタです。
ホナタはスクリーミング・イーグルやLAラムズのオーナーのスーパーリッチ スタン・クロンケ氏がサンタ・バーバラの北側サンタ・イネズ・ヴァレー Santa Ynez Valleyに所有するワイナリー。ファースト・ヴィンテージは2004年です。
ちなみに、ホナタとは、元々この地に住んでいたネイティヴ・アメリカンの言葉で「高い樫の木」の意味だそうです。
c0159117_15170300.jpg
La Flor de Jonata 2007
品種:ソーヴィニオン・ブラン80%、セミヨン20%。
格付け:AVA Santa Ynez Valley
醸造:発酵についてはデータなし。熟成は新樽、 使用済樽(ともにフレンチオーク)、ステンレスタンクが1/3ずつ。
アルコール度数:14.9%
ブドウ・畑:不明。
生産本数:約2,200本

予想に違わず、とてもパンチがある香りです。ヴァニラ、ホワイトチョコレート、黄桃、パイナップルといった、トロピカルでパワフルな香り。凝縮感は半端ないです。味わいも似た系統。アルコールは14.9%という額面通り非常に強く感じますが、酸のヴォリュームも相当にあるので、バランス的には悪くない。甘みも強め。おそらく一部は遅摘みのブドウを使っていると思います。
抑制されてミネラリーなリースとは対照的なスタイルで、ちょっと過剰に過ぎるところもありますが、アメリカンなゴージャスさを全身から発散しています。現在は醸造責任者がThe Hiltと同じマット・ディーズに代わっているので、おそらくスタイルは大きく変わっていると思います。

by taurasista | 2018-07-09 20:16 | ワイン(カリフォルニア)

Alpine Vineyardはリースが最初にリリースしたシャルドネです。初ヴィンテージは2004年です。
c0159117_14592398.jpg
Chardonnay Alpine Vineyard 2007
品種:シャルドネ100%。
格付け:AVA Santa Cruz Mountains
醸造:バリックで発酵、熟成。新樽率は低い。天然酵母のみ使用。
アルコール度数:12.5%
ブドウ・畑:単一畑のAlpine Vineyard。土壌は表土が薄く、石灰質の岩がち。標高は360mから450m。海までは約15km。耕作はビオディナミ。
生産本数:約2,000本

色合いはゴールドがかかっていて、だいぶ熟成が進んでいると推測。熟した青リンゴ、パイナップルに加えて潮っぽさも感じる濃厚な香り。かなりウェイトがある味わいで、甘さは強目ですが、酸がしっかりと健在なのと、塩辛さがバランサーとして機能して、だれた感じは皆無です。個人的にはもう少し前に飲みたかったかな。

by taurasista | 2018-07-08 13:52 | ワイン(カリフォルニア)