人気ブログランキング |

BBQワイン

c0159117_0204960.jpg

先週の自宅BBQで飲んだワインです。

Brut Vintage 2008 - Domaine Carneros
Taittangerがソノマで作る泡。特段特徴があるわけではないが、バランスが良くて飲みやすい。価格も20ドル強とお安く、いろいろな場面で使えるワイン。
Chardonnay Demuth Vineyard 2010 - Knez Winery
ナパ北部でこのエリアでは非常に冷涼なAnderson Valleyのワイナリー。果実味、アルコール、甘みとも程よく抑えられていて、酸も綺麗。産地の特徴をよく表現できているワインという気がした。ここはピノも美味しかった記憶あり。
Chardonnay Saratoga Cuveé 2007 - Mount Eden
こちらはより所謂「カリフォルニアのシャルドネ」に近い。果実味が強く、樽香、そしてトロピカルフルーツ。酸は柔らかく、甘みが強い。余韻は長い。個人的に好きなスタイルのワインではないが、品質は高いと思う。
Pinot Noir Ferrington Vineyard 2006 - Breggo
記憶が曖昧だが、そこそこいいワインだったと思う(全く説明になってないですね)。
Pinot Noir Limited Release 2006 - Clouds Rest
他の2本に比べて色合いが全然違う(薄い)。香りも赤系のフルーツ。酸も非常に高い。思うにブルゴーニュを目指して抽出や収穫時期等に気を配ったワインだが、惜しむらくはエキス分がやや足らない。まだ志半ばという感じか。
Pinot Noir Reuling Vineyard 2006 - Aubert
パンチ力は凄い。アルコール度数も15%以上。ただその後が続かない。おそらく、リリースから余り置かずに飲んだ方が美味しいワイン。100ドル以上出す価値は個人的には見いだせない。
Bricco del Uccellone 1986 - Braida
完全にピークは過ぎていて、全体的に弱々しさを感じるものの、それなりに美味しく飲めた。
86年はベストヴィンテージではないので、そのせいか。保存のせいか。あるいは、当時のバリック熟成の技術の限界か。
by taurasista | 2013-07-22 00:48 | ワイン(その他)

現在ロスで最も人気のあるファションストリートの一つAbbot Kinney。レストランも人気のお店が並んでいますが、その中でもなかなか予約が取れないお店Gjelinaに飛び込みで行ってみました。早い者勝ちのcommunal tableがあるので、予約なしでも待てば席をゲットできます。私たちはたまたま運が良くて10分待ちで入店できました。但し超人気店ゆえ、タイミングが悪いと1時間以上待たされることに。実際私たちの少し後にやってきた人たちはドリンクを持って延々壁際に立って待っていました。

前回紹介したSuperba Snack Barと同じく、至ってカジュアルなスタイルのお店です。ナプキンの代わりに食器拭きが出てくるところも同じです。サービススタッフはみんなばらばらの服装で、トレイを持っていなければそうだとわかりません。

c0159117_14552149.jpg


料理もこちらの流行のレストランの典型的なスタイルで小皿中心、野菜料理が多め。基本素材をストレートに出してきます。ここで手に入る素材のレベルの高さが素直に生かされて、どの料理も満足度高かったです。ただ、さすがにcrudoはそこそこのレベルでしたが。

c0159117_1502491.jpg
c0159117_14594138.jpg


一番気に入ったのは上の写真のGrilled Nectarine, Burrata, Arugula, Radicchio & Prosciutto。ほぼ盛り合わせただけの料理ですが、それぞれの素材の存在感が凄いです。盛りつけも何気にきれいで、なかなかこういう皿には出会えないかも。2枚目のオクラもちょっとミントが利いてインド料理調な味わいですが、相当旨い。

ワインはシチリアのカラブレッタのエトナロッソ2003年を頼んでみたら、これが大当たり。豊かな果実にしっかりした酸、そして豊富ながら柔らかいタンニン、これが完全に調和して、スミレが基調の華やかな香りとともに味わうと、それはそれは極楽でした。あっという間に飲み干して、すぐにお代わり
してしまいました。

かなり食べたこともあり、お値段は一人100ドル超えでしたが、その価値十分ありだと思います。近々に再訪予定。
by taurasista | 2013-07-12 15:36 | レストラン(カリフォルニア)