人気ブログランキング |

イタリア品種の熟成(2)

続いて3大メジャー銘柄に行きます(アリアニコがメジャーかと言うと少々疑問ですが)。

Barolo Bricco Viole 1990 (Vajra)
c0159117_19262090.jpg

何と、タッポ(ブショネ)!!!
お店の自称「日本一のイケメンソムリエ」M氏から事前にメールをもらって知っていましたが、現物を前にするとショックです。。。。。。それでも、最初のうちは、すごくいいワインの片鱗は感じられましたが。。。。。

Cepparello 1990 (Isole e Olena)
c0159117_19285676.jpg

香り高い赤いフルーツ、シナモンにほんのりと土の香り。フルーツも酸もまだまだ若々しく切れがいい。パワーも全開だけど、余りの美味しさにどんどん杯が進んでしまう。熟成したサンジョヴェーゼの素晴らしさを示した1本。

Taurasi Riserva 1980 (Mastroberardino)
c0159117_19321730.jpg

2007年秋に同じヴィンテージをプーリアのSotto l'Arcoで飲んだ時は重厚で鉄分の強いワイン、との印象でしたが、今回は少し冷涼ワインな印象を受けました。舌をつかんで離さないタンニンの強さは変わりませんが、ねっとり感はなく、出だしから終盤まで割とフェミニンな印象。アフターは非常に長く、香りも全く落ちず、とてもいいワインであることを改めて実感。ちなみに80年はこの地方に大地震があった年で、Mastroberardinoも相当な被害にあったという話です。

1年振りの主催ワイン会でしたが、ブショネ以外はどのワインも品種の個性を十二分に発揮してくれて、参加者の皆様にも満足していただけたかと思います。次回は「イタリアにおける国際品種」。
by taurasista | 2012-02-26 19:38 | ワイン会

イタリア品種の熟成(1)

少し時間がたってしまいましたが、今月行ったワイン会で出したものを紹介します。テーマは「熟成したイタリア品種」。ネッビオーロ、サンジョヴェーゼ、アリアニコの3大品種にネロ・ダヴォラ、サグランティーノを加えてみました。まずはあとの2つからです。

Montefalco Sagrantino 1999 (Colpetrone)
c0159117_16561683.jpg

grapeyでスパイシーな香りがグラスからむんむん漂ってくる。フルボディでフルーツもタンニンもまだまだ非常に強い。とても骨太でワイルドなワインだが、構造はとてもスムーズ。今飲んでも十分美味しいが、まだまだピークには達していない(あと5年程度か?)。とても構成要素が多い素晴らしいワイン、サグランティーノの底力を存分に感じることができた。

Rosso del Conte 1997 (Tasca d'Almerita)
c0159117_1713179.jpg

シチリアにおける高品質ワインの幕開けを飾った、ある意味歴史的価値のあるワイン。数年前の飲んだ90年前後のものは大変素晴らしかった一方、そのあとで飲んだ2004年はモダン過ぎ、またエノロゴの味になってしまって、個性を失ってしまったように思えた記憶がある。この97年はまだ作りが変わる前だと思われ、現在のような研ぎ澄まされたモダンなテイストではなく、少しジャミーで温もりのある味わい。今がちょうどピークの気がするので、もう1本も1,2年以内には飲んでしまおう。

次回は3大黒ブドウ分です。
by taurasista | 2012-02-25 17:07 | ワイン(イタリア)

Riserva Lunelli 2002 (Ferrari)

c0159117_16452173.jpg

「頑張り過ぎるな」とこのワインには言ってあげたい。頑張ってボディを大きくしようとしたために、少しバランスが崩れてしまった気がする。Giulio Ferrariと違う特徴を出そうと無理をした感あり。ブラン・ド・ブランらしく、もっとすっきり作った方が本来の実力を発揮できたのでは。甘さが目立つので、ドサージュが強すぎかな??
by taurasista | 2012-02-04 16:54 | ワイン(イタリア)

c0159117_1113475.jpg

果実味が非常に豊かで福々しく、酸はそれほど強く感じない。ソルデラのイメージとは少し違ったけれど、素晴らしいワインであることは間違いありません。リストランテ宿屋にて。
by taurasista | 2012-02-02 01:06 | ワイン(イタリア)