人気ブログランキング |

半年振りのボッテガ・ミケーレ。お料理は全て田沢シェフにお任せにしましたが、バラエティに富んだ味覚を楽しめました!

【八戸産しゅり貝】
c0159117_18115894.jpg

旨味の出方が凄いです。食感も良く、食欲を一気に目覚めさせる一皿でした。

【白子のパスタ】
c0159117_18133982.jpg

白子を贅沢にクリーム状にしてあります。柚子がアクセントに。

【ヴィンチスグラッシ】
c0159117_18162281.jpg

ラザーニャの原型と言われるマルケ州の郷土料理。軽めの赤ワインのためにあるような料理です。

【ウサギの内臓を使った・・・】
c0159117_18182562.jpg

こちらは料理名失念。私の今日のベスト料理はこちら。数種類の内臓を使って複雑な味わいを出しています。

ワインはこんな感じでした。全て持ち込みです。
c0159117_1819527.jpg


Pallagrello Bianco Le Sèrole 2010 (Terre del Principe)
品種はパラグレッロ・ビアンコ。樽由来のバニラ香が支配的で、味わいは結構甘みが強い。少し樽が強いかな。同じ作り手の白では、個人的にはステンレスのみのFontanavignaの方が好み。

Greco di Tufo 2009 (Cantine dell'Angelo)
故あって何度も飲んでいるワイン。当初は極めてストイックでタイト、ある意味無愛想なワインだったが、少し熟成してきたせいか、いい意味で少し緩さが出てきたように思います。甘みを少し感じるようになり、また全体的な複雑さも増した気がする。今後の熟成が楽しみです。

Cannonau di Sardegna Riserva Dule 2007 (Giuseppe Gabbas)
カンノナウ100%。やや青みが強く、ミッドから後ろもやや力強さに欠ける。エレガントさがあるいいワインだとは思いますが、期待値が高かった分、若干残念さもあり。

Taurasi Sant'Eustachio 2006 (Boccella)
こちらも定期的に開けているワイン。当初は樽のニュアンスを強く感じることもあり、もう少し整うまでに時間がかかる印象でしたが、上陸後半年以上たってだいぶ味わいが落ち着いてきた気がします。香りはチョコレート、バルサミコ、黒い果実。パワフルなワインだが、滑らかな質感で強い酸が全体を引き締め、どんどん飲み進めることができます。いいワインです。

明日からは上海→香港→ロンドンに出張。さて何を食べようかな?!
by taurasista | 2011-12-10 18:43 | レストラン(日本)