人気ブログランキング |

この日のカンヌビ・ボスキスに至る流れは以下の通り。
c0159117_17252068.jpg
白はリグリア州の地場品種ピガートの飲み比べ。ピガートはヴェルメンティーノ Vermentinoの兄弟と言われ、リグリア州アルベンガ付近でのみ栽培されている珍しい品種。1本目のブルーナはその最良の作り手の一人である。数種類のキュヴェを生産しているが、このヴィラ・トッラケッタは2008年頃のヴィンテージを最後に生産中止になっている。
強い酸とミネラル、そしてアフターのほろ苦さはいかにもピガート。果実味も強く、若さに溢れている。もう少し寝かせてもきっと面白いだろう。出来の良いブドウが素直にそのままボトルに入っているという、自然な感じがする優れたワイン。


by taurasista | 2019-07-16 20:15 | ワイン(イタリア)