人気ブログランキング |

以前毎年のように通っていたピエモンテ・ランゲ地区。多くの生産者を訪問し、いろいろな印象深い出会いがありましたが、中でもエリオ・アルターレは最も記憶に残っている生産者の一人です。カンティーナについて、詳しいことは以前アップしたので、ここでは触れませんが、カンティーナのテラスから望めるランゲ地方のパノラマ、カンティーナに隣接するアルボリーナを流れる空気感、そして何より人の温かさ、最後の訪問から7年たっても、まるで昨日のことのように思い出されます。

素晴らしく美しいワインだったランゲ・アルボリーナ90年以来、2年ぶりに開けるアルターレのワインは、同じランゲシリーズのラリージです。
c0159117_12015104.jpg
Langhe Larigi 2001
品種:バルベーラ100%。
格付け:DOC Langhe
醸造:ロータリーファーメンターを使用して3、4日間という短いマセラシオン。発酵、熟成はフレンチオークのバリック新樽を100%使用。樽熟成は約18ヶ月。
アルコール度数:14.5%
ブドウ・畑:カンティーナに隣接する銘醸畑アルボリーナ(向きは南〜南東)の最上部に1948年に植樹されたバルベーラを使用。
生産本数:2,500-3,000本/年

色はかなり濃い目。香りはヴァニラ、チョコレート、プラム、スミレなど、かなり重量感があります。ボディもかなり大きく、非常に凝縮されています。バルベーラらしい緊張感のある酸味はありますが、バルベーラ・ダルバやバルベーラ・ダスティとは明らかに特徴が異なります。
このワインが生まれた背景は、ランゲの地場品種の知名度を上げるために、最高のブドウを(陳腐な言葉ですが)インターナショナルなスタイルで醸して、わかりやすい形で市場にアピールすることだったと記憶していますが、このヴィンテージはオリジナルのコンセプトを忠実に体現していると思います。そのスタイルには好き嫌い、賛否両論があるでしょうが、非常にレベルが高いワインであることは、疑いの余地がありません。まだまだ相当酒質が強いので、あと5年は余裕で熟成すると思います。確か1本手持ちがあるので、これは当面寝かせようと思います。

by taurasista | 2017-06-25 23:06 | ワイン(イタリア)