人気ブログランキング |

ラ・カステッラーダ・コッリオ・ロッソ Collio Rosso 1995 (La Castellada)

赤の1本目はラ・カステッラーダの95年。ラ・カステッラーダは、グラヴネルやラディコンと並ぶ「オレンジワイン」の第一世代ですが、赤も捨てがたい魅力を持っています。時として攻撃性が強いグラヴネルやラディコンと異なり、カステッラーダは中庸を行く作り手。どのワインも決して行き過ぎるところはなく、バランスが取れた端正な姿をしています。ヴェネトの一つ星リストランテLaiteで飲んだロッソ96年の素晴らしさは今でも印象深いです。
c0159117_10580432.jpg
Collio Rosso 1995
品種:メルロー 90%、カベルネ・ソーヴィニオン 10%
格付け:DOC Collio Rosso
醸造:詳細不明ですが、ウェブサイトに掲載されている2001年ヴィンテージの情報だと、ズラヴォニアンオークの大樽で天然酵母で発酵。熟成はバリック12ヶ月、大樽24ヶ月。
アルコール度数:12.5%
ブドウ:詳細不明ですが、上と同じく2001年ヴィンテージの情報だと、畑の標高は約180m、樹齢は約45年。イールドは約30hl/ha。
生産本数:不明。

なかなか香りは出てきませんでしたが、グラスにしばらく置いておくと、徐々に赤系の果実や森の下草系の香りが立ち始めました。味わいも開いてくるまで時間がかかりました。完全に開く前に飲みきってしまいましたが、かなり抑制の効いたタイトな作りのワインに思えます。果実味は控えめですが、しっかりと熟しています。最大の特徴はフレッシュな酸で、全体的にまだまだ非常に若々しいという印象です。

からっと明るく、愛想がいいワインではありません。湿り気があって控え目、じっくり向き合って初めて良さが分かる、通好みの作品です。飲み進むにつれて、コッリオの森と、そこにしとしと降る雨が記憶に蘇ってきました。

by taurasista | 2018-09-18 20:30 | ワイン(イタリア)