人気ブログランキング |

クエンホフ・シルヴァネール・ヴェンデミア・タルデーヴァ Sylvaner Vendemmia Tardiva 2004 (Kuenhof)

クエンホフのワインには以前から馴染みがありますが、このヴェンデミア・タルディーヴァ(遅摘み。フランス語のヴァンダンジュ・タルディヴです)は初めてです。このワインの存在自体を知ったのが約1年前。たまたまLAのワインショップのサイトをザッピングしていて発見しました。この遅摘みシルヴァネール、ググっても何も引っかからないので、2004年ヴィンテージのみ試験的に作った超レア物ではないかと推察します。

クエンホフはアルト・アディジェ北側のイザルコ渓谷 Valle Isarco (ドイツ語ではEisacktaler)から現れた(おそらく)最初の高品質小規模の個人経営ワイナリー。初ヴィンテージは確か1990年でその前はこの地のご多分に漏れずノヴァチェラ修道院 Abbazia di Novacella(ここもいいワインを作ります)にぶどうを売っていました。
生産本数は年間3万本程度の小さなカンティーナですが、ヴァレ・イザルコの白の品質の高さを世に知らしめたのは、このクエンホフとAbbazia di Novacellaと言ってもいいでしょう。

ヴァレ・イザルコはその名の通りアディジェ川とアルプスに挟まれたわずかな平野と斜面という小さな生産地です。その中心が中世から栄えたアバツィア修道院。作り手は修道院の北側かつアディジェ川の東側に集中していますが、クエンホフだけは修道院の南側かつ川の西側に位置しています。2011年春に訪問した際の写真で掲載できるものがないのが残念ですが、カンティーナは恐ろしく整理整頓されていて、大樽とステンレスタンクが塵一つない床に配置されていたのを鮮明に覚えています。とても印象的だったのがそこで試飲したシルヴァーナ。ミネラリーで優しい甘みを持ち、整然と整った味わいの素晴らしいワインでしたが、さてこの幻の遅摘みはいかに?

c0159117_16010684.jpg
Alto Adige Valle Isarco Sylvaner Vendemmia Tardiva 2004
品種:シルヴァーナ100%(日本での一般的な表記はシルヴァネールですが、現地ではシルヴァーナと発音します)
格付け:DOC Alto Adige Valle Isarco
醸造:乳酸発酵は行わない。シュール・リーでアカシアの大樽およびステンレスタンクで熟成。
アルコール度数:14.0%
ブドウ・畑:畑は南東向きで標高550-700m。土壌はシスト、水晶などを多く含む。密植度は8,000本/ha。栽培は認証はないがオーガニック。
生産本数:不明ですが相当に少ないこと間違いなし。おそらく1,000本以下でしょう。

色合いはかなり色が濃く、熟成を感じさせるもの。白い花やハチミツが香る、美しく繊細な香り。通常のキュヴェだと重心が高めの厳しさを持った味わいですが、ほのかに感じる残糖分のおかげで優しさ、複雑さが増しています。クエンホフらしい塩っぽいミネラルはもちろん健在。酸は落ち着いていますが、フレッシュ感は衰えていません。凝縮感も十分で、ヘビー級を並べた赤の後でも美味しく味わうことができました。

通常キュヴェに遅摘みによる個性が加わってパワーアップした非常に高レベルの白ワインです。また訪問の機会があれば、このワインが生まれたバックグラウンドをぜひ聞いてみたいと思います。

by taurasista | 2017-10-28 23:48 | ワイン(イタリア)