人気ブログランキング |

カーザヌオヴァ・デッレ・チェルバイエ・ロッソ・チェルバイオーネ Rosso Cerbaione 2004 (Casanuova delle Cerbaie)

このワインは全くノーマークでした。カーザヌオヴァ・デッレ・チェルバイエ、これまで聞いたことがなかった作り手ですが、このワインのレベルはなかなかのものです。

カンティーナのウェブサイトはとても簡素で、情報はほとんどありません。オーナー名(ロイ・ウェランド氏)で検索してみたところ、氏はアメリカ人の有名ワインコレクターで2008年からこのカンティーナを所有していることのこと。わかったのはこれ位。これ以外は、せいぜい、このチェルバイオーネは現在は作られていないこと程度です。
c0159117_12001146.jpg
c0159117_12001938.jpg
Rosso Cerbaione 2004
品種:サンジョヴェーゼとメルローのブレンド。比率は不明。
格付け:DOC Sant'antimo
醸造:情報なし。
アルコール度数:13.5%
ブドウ・畑:情報なし。
生産本数:情報なし。

香りは凝縮していて、黒い果実、プラム、レザーが主な要素。男性的で逞しいスーパー・トスカーナです。味わいも香りと同じ特徴を持っています。逞しいタンニンと果実味があり、とてもパワフルですが、豊富な酸味が全体を引き締めて、いいバランスを保っています。これにエレガントさが加わればなお良いのですが、ベースラインのワインにそこまで望むのはさすがに贅沢かと。

ベースラインのワインが良いと、上のラインも試してみたくなります。かなり流通を限定しているワインのようですが、見つけたら購入してみようと思います。

by taurasista | 2017-06-04 20:57 | ワイン(イタリア)