人気ブログランキング |

キントニル Quintonil (Polanco, Ciudad de México - Mexico City, Mexico)

今や、多くの中南米のお店が、サン・ペレグリーノの「世界のベスト・レストラン」で上位にランクされていますが、今年メキシコで最高の12位になったのが、このキントニル Quintonilです。

オーナーシェフはホルヘ・ヴァレーホ Jorge Vallejo。サン・ペレグリーノのランキング上位の常連、メキシコ・シティの名店PujolやNomaで修行後、2012年にキントニルを開店しました。以来、年々着実に評価を上げて、現在ではメキシコのみならず、世界のトップレストランの一角を占めるまでになりました。

お店はメキシコ・シティの銀座的な存在の、ポランコ地区の中心にあります。入り口は狭く、店名の表示も控えめなので、注意して見ておかないと、通り過ぎてしまいそう。(入り口の写真を撮り忘れたので、ウェブから拾ったものを貼ります。)
c0159117_15335863.jpg
ダイニングスペースは2つに分かれています。手前は家の居間的な雰囲気。奥はパティオ。パティオの天井には移動式の幕が張られていて、自由に開け閉めができるようになっています。
c0159117_15342935.jpg
c0159117_15341319.jpg
料理はモダン・メキシカン。長い歴史を持つメキシコの食文化をモダンな解釈で表現した、オリジナリティに富んだ料理です。なお、スペインに征服される前のメキシコの食文化については、以下のサイトに詳しい解説があるので、ご参考まで。

http://www.kikori.org/world/side-story/corn-story.htm

まずはアヴォカドを使ったカクテルを飲みながらメニューを選びます。
c0159117_15344227.jpg
ロスの友人V氏のアドヴァイスに従って、テースティング・メニューではなく、前菜を中心にアラカルトで行くことにしました。
c0159117_15350002.jpg
<Shrimp blossoms with vegetables from Xochimilco and "chile de agua">
ズッキーニの花の中にはほぼ生のエビの擂り身が隠れています。花の柄を手で持って、左側のソースをすりすりつけて食べます。見た目からは想像しにくいですが、ソースにはオアハカ産のチリ(chile de agua)が使われていて、意外にスパイシー。
エビの甘みとねっとり感、花の青み、そしてソースのスパイシーさが完璧に調和した素晴らしい一皿。
c0159117_15350732.jpg
<Charred avocado tartare with escamoles and mexican herb chips>
"escamoles"とは、蟻の卵。昆虫食はメキシコ料理の特徴ですね。聴覚だけで敬遠してしまう人もいると思いますが、食べてみると旨味に溢れた食材です。
c0159117_15353467.jpg
<Cactus cebiche with beet root and seaweed>
魚を一切使わないセビチェです。
c0159117_15351938.jpg
<Huauzontles in tomato sauce, cheese from Chiapas and quinoa>
huauzontlesとはメキシコ野菜で、キヌアと似たものだそうですが、この料理に使われている葉っぱの部分は、菜の花のような感じです。チアパスはメキシコ南部の州で、チーズの名産地。そのフリットとすりおろしたもの、両方がソースの上に。トマトソースにはチリが使われていて、ピリッと舌を刺激します。
c0159117_15352723.jpg
<Roasted chicken with almond "mole" prune pureé and macademia nut>
一皿だけメインコースも頼んでみました。アーモンドをたっぷり使ったソース(モーレ)は、とてもメキシカンな感じです。前菜に比べると、普通な感じですが、味は非常に良かったです。

ワインを飲んでいる人が多い中で、敢えてビールで通してみました。こちらはメキシコ・シティのクラフトビール。アフターがしっかりある、私好みのビールでした。使い方は繊細ですが、チリが入っている料理が多く、ピリッとした辛味を感じることも多いので、ワインよりもビール、ビールよりもメスカルが合うと個人的には思います。ワインを持ってくるなら、分厚さのある、マセラシオンした白かな。ちなみに、ビジネスランチらしきメキシコ人のオジさんたちは、ビールをチェーサーにして、メスカルをがんがん行ってました。
c0159117_15345011.jpg
c0159117_15351391.jpg
これは料理の間に出てきた、小さなスープ。エビの出汁とチリが濃厚な旨味を出しています。ボウル一杯飲んでも飽きないかも。それぐらい、美味。

ということで、あっという間の2時間強。素晴らしい食体験でした。ワインリスト、特にグラスワインには改善の余地があると思いますが、メキシコという土地柄、そこはやむを得ないのかもしれません。それ以外は完璧で、世界のトップランカーに相応しいお店だと思います。

Quintonil
Newton 55, Polanco, CDMX (CDMXとは、Ciudad di Mexico、つまりメキシコ・シティ。現在はこの呼び方が一般的とか。)
http://www.quintonil.com/

by taurasista | 2016-12-04 07:13 | レストラン(その他)