人気ブログランキング |

イタリアでの国際品種の熟成(3)~カベルネ3種類

続いてはカベルネを3種類。
c0159117_20271928.jpg
c0159117_2027677.jpg
c0159117_20265014.jpg


Cabernet Sauvignon 1998 (Tasca d'Almerita)
シチリアの名門Tasca d'Almeritaのカベルネ。バリックをばちっと使って甘みがある90年代風なワインを想像していましたが、南国の暖かさを持ちつつ、品が良く、バランスが取れたかなりクオリティの高いワインでした。今とてもいい状態ですが、もう少し熟成させても面白いかも。
Cabernet Sauvignon Marina Cvetic 1993 (Gianni Masciarelli)
こちらはとてもパワフル。少し過熟な感じもあり、アルコールも強くて、ポートのようなニュアンスもある個性的なワインです。
Sammarco 1988 (Castello dei Rampolla)
他のヴィンテージでの経験から、細マッチョでアーシーなワインを想像していましたが、こちらは予想に反してとても愛想がよいワインでした。サンマルコとしては個人的には85年のようなタイプの方が好みですが、この88年の方が飲みやすいと言えば飲みやすいです。素直な甘みを感じ、どちらかというと果実味が正面に出た感じ。まだまだ若々しく、これももう少し熟成させてもよかったかも。
by taurasista | 2012-03-17 20:48 | ワイン(イタリア)