人気ブログランキング |

こんなワインを!@Osteria Splendido(その1)

この記事のタイトルは本当に迷った。「至高の」とか「究極の」ではちょっと厭味な感じも与えかねないし、「イタリア古酒会」ではこの素晴らしいラインアップの1%も伝わらない。10分考えた結果が「こんなワインを!」なのだが、これも今一つだなぁ。。。。

前置きはこれぐらいにして、料理とワインを紹介していきます。

Franciacorta Brut Cuvée Decennale 1996 (Ca'del Bosco)
c0159117_2233671.jpg

Ca'del Boscoの通常のトップ・キュヴェはAnnamaria Clementiだが、最良年の96年に初めてリリースされたその上位に来るスペシャル・キュヴェがこのCuvée Decennale。瓶熟期間が8年以上と非常に長いのが目を引く。柑橘類、トースティーさが要素のピュアな香り。味わいはフレッシュで柔らかい。ボディはかなりしっかり目。全体的に開放感があり、ヴィンテージ・シャンパーニュとはやはり違う。

こちらにはお口取りの「イタリア産グリーンピースとモルタデッラのスフォルマート」
c0159117_22224711.jpg


Thea di Maggio 1992 (Montevertine)
c0159117_22144377.jpg

このワインは初めて見た。Montevertineが1992年だけ作ったサンジョヴェーゼから作った白の貴腐ワイン。バックラベルには「40日間の雨の後、11月に収穫した」と書いてある。色合いはゴールド。まず取った香りはヨード。そしてマディラ香、ヘーゼルナッツ。香りからはひねくれたワインを想像したが、味わいは意外にストレート。甘みはそれほど強くない。食事と合わせるとますます魅力が増す。マルメラータの甘みとのアッビナメントは素晴らしい。

合わせた料理は「うさぎのテリーヌ 赤玉葱のマルメラータ」
c0159117_22242194.jpg


続いて3本目。
Langhe Chardonnay Bussiador 1998 (Aldo Conterno)
c0159117_2225727.jpg

このワインは流通量が少ないので知名度は低いが、一部では「イタリアのモンラッシェ」と呼ばれる。香りは非常に強く、華やか。パイナップルやヴァニラが基調。味わいも非常に凝縮感がある。12年たってもまだまだフレッシュさがあり、更に熟成が可能だと思われる。本家のモンラッシェとの比較はさておき、これはこれで素晴らしいシャルドネ。

料理は「かぼちゃのラヴィオリ リコッタアフミカータ」
c0159117_2243415.jpg


(その2に続く)
by taurasista | 2011-03-30 22:46 | ワイン(イタリア)