人気ブログランキング |

週末のワイン(1)

3連休の日曜日はM帝王ご一行が来訪して自宅ワイン会(そういえば今年初めて)。イタリアワインにはあまりなじみがないメンバーが多いとのことだったので、イタリアの今が俯瞰できるラインアップにしてみた。

Alto Adige Spumante Brut
c0159117_228816.jpg

生産者:Haderburg
所在地:Salorno/Salurn (トレンティーノ・アルト・アディジェ州ボルツァーノ県)
品種:シャルドネ90%、ピノ・ネーロ10%
DOC:Alto Adige
インポーター:ヴィーナイオータ

最近いろいろな所で出会うHaderburgの一番スタンダードなスプマンテ。作りはなかなか良い。意外にウェイトがある。アフターには軽い苦み(この地のスプマンテの特徴?)。

Sauvignon Winkl 2008
c0159117_22172167.jpg

生産者:Cantina Terlano
所在地:Terlano/Terlan
品種:ソーヴィニオンSauvignon 100%
DOC:Alto Adige Terlano
インポーター:ヴィーノ・フェリーチェ

帝王がいらっしゃるので、4年前に一緒に訪問したTerlanoを入れてみた。まずインポーターが替わっていたのに少し驚く。このワイン、ウィンターローズの看板ワインの一つだったはずなので。香りはレモンが基調でフラワリー。細身で酸が非常に強い。ハム類と合わせるとワイン単体の時よりもぐっと膨らみを感じる。食事と一緒で真価を発揮する、ある意味とてもイタリアらしいワイン。

Sacrisassi Bianco 2006
c0159117_2225556.jpg

生産者:Le Due Terre
所在地:Prepotto (フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州ウディーネ県)
品種:フリウラーノFriulano 50%、リボッラ・ジャッラRibolla Gialla 50%
DOC:Colli Orientali del Friuli
インポーター:ラシーヌ

帝王と一緒に訪問したカンティーナが二つ続く。今度はみんなでQueenを合唱したLe Due Terre。まずみんな色合いの濃さ(かなりゴールドに近い)に驚いていた。柑橘類、ハーブ、白コショウといった香りの要素。膨らみがあり、ややオイリーなストラクチャー。量たっぷりの切れのいい酸。余韻は長い。素晴らしいポテンシャルを持つワインだが、まだ7割程度しか実力を発揮していないと思う。当日の昼前抜栓だったが、前日にしておくべきだったかな。

T'arara 2006
c0159117_22371515.jpg

生産者:Cantina Giardino
所在地:Ariano Irpino (カンパーニャ州アヴェリーノ県)
品種:グレコGreco 100%
IGT: Campania Greco
インポーター:イタリア商事

昨年訪問して仲良くなったGiardino。イタリアの今を知る上でこの手の自然派ワインは欠かせない。みなさんこれまで経験したことのないタイプだったようだが、割合気に入ってくれていた。マンゴー、蜂蜜といった甘い香りにミネラル。味わいも甘みを感じるが、強いミネラルと酸があり、甘さが決して突出することなく、全体としてはきりっと引き締まっている。余韻も長く、やはり良くできたワインだと思う。フリウリの同種類のワインと比べると、味わいが優しいのはテロワールなのか作り手の個性なのか(たぶん両方だろう)。

赤は次回にします。
by taurasista | 2010-03-24 22:45 | ワイン(イタリア)